ニュース

News release

2017/12/19

社労士さんって、どこにでもいるじゃないか?

「タオルってどこででも売っているじゃないか?」
こんな言葉をホームページに書いているタオル専売サイトがあります。
https://www.makasetaro.com/

こにおサイトオーナーであり、タオルソムリエでもある寺田元さんにお会いする機会をいただき、著書”「売らない」から売れる!”も読ませていただきました。
「タオルってどこででも売っているじゃないか?」
こんな素晴らしい言葉、いや感性に触れることができました。

寺田さんは、「サイトを見てくださるお客さんに対して、どれだけ誠実に対応していくか、という私の気持ちの現れの1つです」と書かれていますが、自らを振り返って、そう言い切れる行動を取れているか、大いに反省させられました。



「社労士さんって、どこにでもいるじゃないか?」

数多の社労士さんの中で、自分たちのレゾンデートル(存在意義・価値)って、何だろう? どれだけ「幸せな雇用を創出」(←弊事務所の理念です^^)できているだろう?
考えさせられました。

同時に寺田さんは、同じ章でこうも書いておられます。
「よく「真似るというのは、学ぶこと」と言われます。でも、「真似るのは失礼だ」「まるまる真似したら、真似のままだ」「真似をした2番手は、結局成功しない」などという声も聞きます。~中略~教えてくださったことに対して、きちんと敬意を抱いて実践することは真似ではないと思います」

僕も、早速、感じたことを書いてみたくなりました。

タオルソムリエの寺田元さん、ありがとうございました!

事務所通信一覧