ニュース

News release

2018/01/23

【今朝の新聞より】介護、ITで生産性改善

今朝の日経新聞の記事です。

「介護、ITで生産性改善」

記事によると、2018年度から介護現場による行政への報告を電子化し、作成する文書量を半減させるとのこと。2020年までにITを全面導入したシステムの整備を目指しているようです。



確かに、介護現場では書類作成が業務の中で結構なウェイトを占めているように見受けられます。ここが半減し(もちろん、質は絶対に低下させずに)、介護職としての本来の業務にあたる時下を確保できたり、業務負担が軽減できたりすれば素晴らしいこと。それに、各サービス提供事業者間で「もっと効率よく情報共有できる手段があるのに…」と感じることもしばしばありました。そこの改善も期待できますよね!

一方、介護職の方も、これまで以上に自身の仕事に各介護職として(ケアマネさんとか介護福祉士、リハ職etc)の専門性を活かす必要が高まってくるということ。これまで以上に専門職としての知識やスキルの向上に主体的に取り組まないと、より良い介護を提供できないようになってきましたね。

よく、「AIの脅威」なんて言葉を耳にしますが、「AI」は、「脅威」なんかじゃなく「チャンス」!
より自身を高めることができ、それが評価されるようになってきたことは素晴らしいことだと思います!

事務所通信一覧