ニュース

News release

2019/10/04

【社労士が気になる記事】ギグワーカー組合

「ウーバー配達員は、個人事業主か労働者か」
欧米ではすでに議論が始まり、まだ係争中の国、保護の方向に舵を切った国、様々です。

そんな問題が、いよいよ日本でも注目されていきそうです。

いわゆる”ギグワーカー”と言われる人たち。
現状では、労災の適用もないし、失業保険もありません。労働者としての保護は”0”に等しい(というか”0”)状態です。

一方、個人事業主的な面も色濃く持っており、例えばすっと個人事業主として取り扱われている建設現場の”一人親方”なんかと比較しても、はるかに自由だし、まさに個人事業主と言われれば、その通り。

ただ、ひとつ言えるのは、これからこういった働き方をする人が確実に増えていくであろうということ。

こういった形の”労働者”として保護するのか、それとも下請け業者的な”個人事業主”として保護していくのか、今後に注目ですね。


日経新聞 10/3朝刊
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50560860T01C19A0TJ1000/



事務所通信一覧