ニュース

News release

2019/12/09

令和2年1月からのハローワークの変更点について

2020年1月からハローワークにおいても、雇用保険適用窓口(※)の受付を8時30分から16時までとし、16時以降は電子申請による申請・届出の集中処理を行うことが発表されました。
(※)事業主などが行う申請・届出(事業所・被保険者関係手続、雇用継続給付関係手続)が対象。

 16時を過ぎて届出が行われたものは、即時処理はされず、また、郵送の場合、郵送に伴うチェック作業等のため、窓口に出向いたり、電子申請をしたりすることでの申請・届出より所要期間が長くなるとのことです。

 現状、この案内をホームページ行っているところは、東京労働局(ハローワーク)、静岡労働局のホームページのようですが、全国的な取扱いだと思われます。

東京労働局「令和2年1月から「雇用保険適用窓口」来所の受付時間が変更になります」
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/newpage_00448.html

静岡労働局「「雇用保険適用窓口」来所の受付時間変更のお知らせ<令和2年1月から、8時30分~16時00分になります>」
https://jsite.mhlw.go.jp/shizuoka-roudoukyoku/news_topics/topics/20191204tekiyoumadokuti_00001.html


また、厚生労働省・都道府県労働局・ハローワークが作成したリーフレット「2020年1月6日から求人票と公開方法が変わります」も、一部の都道府県労働局から公表されています。

新しいハローワークシステムでは、求人票の様式や求人の公開方法が変わり、より多くの求職者の方々により詳しい求人情報や事業所情報を提供できるようになります。
なお、求人票の様式変更や公開方法が変わることに伴い、今後、求人条件や事業所情報などについて、内容確認や追加情報の登録を行う必要があるということです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<ハローワークシステムの見直し(刷新)について〔三重労働局〕>
https://jsite.mhlw.go.jp/mie-roudoukyoku/news_topics/topics/29032901/20170329_00033.html

お知らせ一覧