ニュース

News release

2016/07/29

高齢者の徘徊対応と介護事業者の法的責任に関するセミナーのお知らせ

PDFでダウンロード
弊事務所もお手伝いしている、Care Connect +主催のセミナーが開催されます。
今回は、下記のテーマについて、成年後見のプロである司法書士の先生と「鍵」の専門家によるセミナーです。

成年後見は、ともかく、なぜ「鍵」の専門家?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。なぜ「鍵」の専門家なのかは、セミナーを聴いていただいてのお楽しみです。以下、概略を記載します(開催地等の詳細情報は、“PDFでダウンロード”からセミナー案内チラシをダウンロードしてください)。

平成28年3月1日最高裁は、認知症高齢者が起こした鉄道事故に関する損害賠償請求についてJR東海の請求を棄却する内容の判決を出しました。本判決では家族のいわゆる「介護する側」の責任が回避される結果となりましたが、裁判官の補足意見のなかでは「(認知症高齢者が) 介護施設に入所している場合には、施設に監督義務者としての責任が問われる余地がある」とも指摘されています。
今後、同様な事故リスクの増加が予想されるなかで、どのようなケースで「介護する側=介護施設や家族」の責任が問われ、どのように予防できるのか、介護福祉士でもある「福祉系司法書士」とテレビ朝日出演実績もある「防犯のプロ」が最新の情報を交えてお届けします!!

定員は、20名となっております。
お申込みは、下の「セミナー申込み」ページよりお申込みください。

たくさんのみなさまのご参加を、お待ちしております!!
セミナー申込

セミナー情報一覧