労務サポート

Labor support

労務相談顧問(手続き業務代行を含まない顧問契約)

雇用・労働環境が激変する中で、企業にとって労務管理は益々その重要性を増しています。
人事・労務、あるいは採用や教育研修に関する事項について、経営者・人事担当責任者のブレインとして、実務担当者様のアドバイザーとしてお手伝いさせて頂きます。

労務相談顧問のご相談内容の例

  • サービス残業について
  • 労働基準監督署の調査
  • 賃金計算のルール
  • 雇用契約について
  • 解雇問題
  • 助成金活用
  • 休職の取り扱い
  • 年金事務所の調査
  • 健康管理
  • 高齢者雇用
  • 育児休業について
  • など

総合顧問(社会保険・労働保険等手続き業務代行を含む顧問契約)

総合顧問では上記労務相談顧問に加え、労働保険・社会保険の手続業務も代行いたします。

助成金申請の代行サービス

各種助成金を獲得するために、助成金の選択・手続き・申請を代行いたします。
助成金申請のみのスポット契約の場合は、着手金(20,000円~50,000円)を申し受けますが、助成金の受給後に頂戴する成功報酬から控除させて頂きます。

給与計算事務代行サービス

給与計算を専門家である社会保険労務士事務所にお任せいただくことで、正確な給与計算をご提供させていただきます。
また、委託することでコスト削減が図れる他、給与計算にかかっていた時間を本業に充てることができます。
事務負担が軽減するよう、御社の都合に合わせた給与計算スケジュールを組み、管理をいたします。

行政機関調査対応・労務トラブル相談

残業代のこと、労働時間のこと、賃金形態のこと、就業規則のこと・・・
労務トラブルが起きてはどうしよう、一度見直そう、とそう思った今がチャンスです。
問題が全くない会社はほとんどありません。少しでも気になることがありましたら、是非ご連絡下さい。
※初回のご相談は無料です。

また、もし労使トラブルに発展してしまった場合でも、安心してご相談ください。
当事務所が全力でサポートいたします。当事務所の処理範囲外の案件につきましては提携司法書士、弁護士等専門家とのネットワークで問題を解決させていただきます。
事務負担が軽減するよう、御社の都合に合わせた給与計算スケジュールを組み、管理をいたします。

従業員満足度調査サービス

従業員の満足度調査の結果から、会社の現在の労務のウィークポイントを明確化させていただきます。

人事顧問

従業員満足度調査を定期的に実施し、必要な人事労務上の施策の実施を継続的にサポートします。

各種労務手続き代行サービス

  • 労働社会保険諸法令に基づく各種手続き
  • 労働保険・社会保険の新規適用
  • 労働保険・社会保険の算定・申告

保険給付の申請・請求

  • 健康保険・労災給付請求
  • 年金(厚年・国年・基金)給付請求
  • 第三者行為による保険給付請求
  • 高年齢雇用継続給付に係る給付申請
  • 労災保険の特別加入に係る給付申請

介護事業所の指定申請代行

  • (介護予防)通所介護
  • (介護予防)訪問介護
  • その他
  • 居宅介護支援
  • 障害者介護各サービス

定着率UP従業員満足度調査

1名  ¥1,000(税別)

課題に優先順位を付けて従業員の定着率アップ!!

弊社と顧問契約をしていただいている企業様では、定期的に無料でこのES調査をさせていただいております。改善すべき人事労務上の課題を、調査結果で浮き彫りにし、優先順位の高い課題から改善に取り組んでいます。
デクノコンサルティング㈱では、顧問先企業様以外にも1名1,000円(税別)で提供させていただきます。真っ先に取り組まなくてはいけない人事労務上の課題は、何か。この調査により、優先順位がはっきりします。

<従業員満足度調査>

  • 対象の従業員様の各項目に関する 関心度(重視度)調査
  • 対象の従業員様の各項目に対する現状の満足度調査

これらの調査結果を総合し、従業員全体の満足度上昇のキーとなる項目を抽出し、労務上の課題を明確化します。

<従業員満足度調査の結果の簡易的な例>

項目A関心度も、満足度も高い。

従業員の関心度が高く、満足度も高い状態ですので、現状を維持することが重要だと言えます。

項目B満足度が高いが、関心は低い。

あえて着手すべき項目ではないかもしれません。下手に着手した結果「関心を集めたうえに満足度が下がってしまうという 」逆の結果になってしまうこともあります。改善項目の優先順位としては、もっとも低くなるのが、この項目です。

項目C関心度も、満足度も低い。

改善に急を要さないと言えるかもしれません。ただ、いずれ労務上の問題となってくる可能性もありますので、留意しておいた方がいいでしょう。

項目D関心度が高いが、満足度が低い。

従業員が真に今求めている項目と言える、労務上重要な課題となります。この項目を定期的な調査によって見つけることで、正しく効果的な労務管理を行うための指針としていくことが従業員の定着率につながります。
結果の一例
労務上の課題は、「給与を上げる」「福利厚生を整備する」ということでは単純には解決しないことがあります。どういったことを解決するのが満足度上昇のキーを握っているのか、どこから着手すればいいのかを明確化し、優先順位をはっきりとさせて効果的に取り組むことが大切です。
お問い合わせ/ご購入

ex.)「経営者がお寿司屋さんの主人、従業員がお客さんだったら」と仮定して考えてみます。

経営者=お寿司屋さんの主人、従業員=お客様だとして、商品の人気順位が以下のようになったとします。
お客様からの人気順位

Q.お店を改善しようとして「中トロ」に注力するのが正解なのか?

改善しようとする時に人気で注目度が高いという理由から「中トロ」に注力してしまいがちですが、満足度調査の結果が中トロ=項目A、ウニ=項目Dであれば、むしろ中トロに関しては、現状維持の方が良く、ウニを改善した方がいいかもしれません。

中トロを改善することには、一定の効果も見込めるかもしれませんが、それなりのリスクも伴う=ハイリスク・ローリターンな改善策となってしまう可能性があります。また、カッパ巻きに不満を持つお客様が多いとしても、ウニより優先順位は低くなります。

このように「今、何にもっとも注力すべきか」を明確にするのが、この従業員満足度調査です。

結果の一例

人気は「中トロ」が高いけれども…

満足度調査の結果から「業務改善の重要度」は「ウニ」が最も高いことが見えてくる

「中トロ」を改善することはハイリスク・ローリターンの改善策と言える

お問い合わせ/ご購入

関連項目